Hosokawa Micron Group 平成25年9月期決算 会社説 …...Hosokawa Micron Group...

Click here to load reader

  • date post

    22-Jul-2020
  • Category

    Documents

  • view

    2
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of Hosokawa Micron Group 平成25年9月期決算 会社説 …...Hosokawa Micron Group...

  • 平成25年9月期 決算

    会社説明会

    平成25年12月9日(月) 14:40~15:30

    Process Technologies for Tomorrow

    Hosokawa Micron Group

    http://www.hosokawamicron.co.jp/

    代表取締役社長 宮田 清巳

    (於:日本証券アナリスト協会)

  • Hosokawa Micron Group

    目次

    ◆ 会社概要

    ◆ 平成25年9月期 決算の概要

    ◆ 今後の取り組みと展望

    ◆ 株価の状況/株主還元

  • Hosokawa Micron Group

    会会会会 社社社社 概概概概 要要要要 〔〔〔〔 H25H25H25H25年年年年9999月現在月現在月現在月現在 〕〕〕〕

    創 業 1916年(大正5年) 4月

    設 立 1949年(昭和24年) 8月

    資 本 金 144億9,600万円

    株 式 東証 一部上場

    従 業 員 連結 1,492名 単体 356名

    決 算 月 9 月

    97979797年の歴史を有する“技術開発型企業”年の歴史を有する“技術開発型企業”年の歴史を有する“技術開発型企業”年の歴史を有する“技術開発型企業”

  • Hosokawa Micron Group

    ホソカワミクロンの歴史(主な沿革)ホソカワミクロンの歴史(主な沿革)ホソカワミクロンの歴史(主な沿革)ホソカワミクロンの歴史(主な沿革)

    1916191619161916年年年年 細川永一、細川鉄工所細川永一、細川鉄工所細川永一、細川鉄工所細川永一、細川鉄工所 創業創業創業創業

    1949194919491949年年年年 株式会社細川鉄工所株式会社細川鉄工所株式会社細川鉄工所株式会社細川鉄工所 設立設立設立設立

    1957195719571957年年年年 東京支店東京支店東京支店東京支店 開設開設開設開設

    1958195819581958年年年年 細川粉体工学研究所細川粉体工学研究所細川粉体工学研究所細川粉体工学研究所 設立設立設立設立

    1960196019601960年年年年 イギリスにホソカワイギリスにホソカワイギリスにホソカワイギリスにホソカワ インターナショナル社インターナショナル社インターナショナル社インターナショナル社 設立設立設立設立

    1972197219721972年年年年 イギリスにホソカワイギリスにホソカワイギリスにホソカワイギリスにホソカワ ヨーロッパ社ヨーロッパ社ヨーロッパ社ヨーロッパ社 設立設立設立設立

    1973197319731973年年年年 大阪府枚方市に本社事務所・枚方工場大阪府枚方市に本社事務所・枚方工場大阪府枚方市に本社事務所・枚方工場大阪府枚方市に本社事務所・枚方工場 竣工竣工竣工竣工

    1980198019801980年年年年 ホソカワミクロン株式会社に社名変更ホソカワミクロン株式会社に社名変更ホソカワミクロン株式会社に社名変更ホソカワミクロン株式会社に社名変更

    1982198219821982年年年年 オランダオランダオランダオランダ ナウタミックス社をM&Aナウタミックス社をM&Aナウタミックス社をM&Aナウタミックス社をM&A

    1985198519851985年年年年 アメリカアメリカアメリカアメリカ USUSUSUSフィルターシステムズ社をM&Aフィルターシステムズ社をM&Aフィルターシステムズ社をM&Aフィルターシステムズ社をM&A

    1987198719871987年年年年 ドイツドイツドイツドイツ アルピネ社をM&Aアルピネ社をM&Aアルピネ社をM&Aアルピネ社をM&A

    1991199119911991年年年年 (財)ホソカワ粉体工学振興財団(財)ホソカワ粉体工学振興財団(財)ホソカワ粉体工学振興財団(財)ホソカワ粉体工学振興財団 設立設立設立設立

    1992199219921992年年年年 ビーペックス・グループ企業をM&Aビーペックス・グループ企業をM&Aビーペックス・グループ企業をM&Aビーペックス・グループ企業をM&A

    東京、大阪証券取引所1部上場東京、大阪証券取引所1部上場東京、大阪証券取引所1部上場東京、大阪証券取引所1部上場

    奈良県五條市奈良県五條市奈良県五條市奈良県五條市 奈良工場奈良工場奈良工場奈良工場 竣工竣工竣工竣工

    茨城県つくば市茨城県つくば市茨城県つくば市茨城県つくば市 粉体技術開発センター粉体技術開発センター粉体技術開発センター粉体技術開発センター 竣工竣工竣工竣工

    2007200720072007年年年年 新本社ビル新本社ビル新本社ビル新本社ビル 竣工竣工竣工竣工 (枚方市)(枚方市)(枚方市)(枚方市)

    2009200920092009年年年年 つくば受託加工センターつくば受託加工センターつくば受託加工センターつくば受託加工センター 竣工竣工竣工竣工

    アルピネAG(ドイツ)新工場アルピネAG(ドイツ)新工場アルピネAG(ドイツ)新工場アルピネAG(ドイツ)新工場 竣工竣工竣工竣工

    2010201020102010年年年年 ビーペックス社(ドイツ)新テストセンタービーペックス社(ドイツ)新テストセンタービーペックス社(ドイツ)新テストセンタービーペックス社(ドイツ)新テストセンター 竣工竣工竣工竣工

    2011201120112011年年年年 日清エンジニアリング日清エンジニアリング日清エンジニアリング日清エンジニアリング((((株株株株))))と業務提携と業務提携と業務提携と業務提携

    2013201320132013年年年年 新東京事業所新東京事業所新東京事業所新東京事業所 竣工竣工竣工竣工 (柏市)(柏市)(柏市)(柏市)

    受託加工工場受託加工工場受託加工工場受託加工工場 統合統合統合統合 (つくば市)(つくば市)(つくば市)(つくば市)

  • Hosokawa Micron Group

    会会会会 社社社社 概概概概 要要要要 〔〔〔〔 H25H25H25H25年年年年9999月現在月現在月現在月現在 〕〕〕〕

    イギリスイギリスイギリスイギリス

    アメリカアメリカアメリカアメリカ韓国韓国韓国韓国

    中国中国中国中国 日本日本日本日本

    オランダオランダオランダオランダ

    ドイツドイツドイツドイツ

    インドインドインドインド

    マレーシアマレーシアマレーシアマレーシア

    グローバルグローバルグローバルグローバル ネットワークネットワークネットワークネットワーク

    世界世界世界世界13131313カ国カ国カ国カ国 17171717社社社社 25252525拠点拠点拠点拠点

    フランスフランスフランスフランス

    ロシアロシアロシアロシア

    ヨルダンヨルダンヨルダンヨルダン

    メキシコメキシコメキシコメキシコ

  • Hosokawa Micron Group

    ⇒⇒⇒⇒ 固体?固体?固体?固体? 液体?液体?液体?液体? 気体?気体?気体?気体? ・・・・・・・・・・・・・・・・“粉体”“粉体”“粉体”“粉体”

    メカノケミカル加工メカノケミカル加工メカノケミカル加工メカノケミカル加工

    「「「「粉体」とは?粉体」とは?粉体」とは?粉体」とは?

    「粉体」「粉体」「粉体」「粉体」=固体

    液体

    (水のように流れる)

    気体

    (煙やホコリのように漂う)

    不思議な存在不思議な存在不思議な存在不思議な存在

  • Hosokawa Micron Group

    「粉体」の大きさ「粉体」の大きさ「粉体」の大きさ「粉体」の大きさ

    1 nm 10 nm 100 nm 1 µµµµm 10 µµµµm 100 µµµµm 1 mm

    (~100nm)インフルエンザウイルス

    (200~500nm) タバコの煙の粒子の直径

    (4~5µm) くもの糸

    (~60µm)髪の毛

    (~2nm)DNA螺旋の直径

    (~3nm)カーボンナノチューブの直径

    (5~7µm)トナー

    (~160nm)PLGAナノ複合粒子(ナノインパクト、PLGAnsなど)

    (3~5µm)歯磨きペースト中の研磨剤

    (~1nm)フラーレン(C60)

    (~30µm)杉花粉

    (~200µm)ダニ

    光の波長 (可視光線:400~800nm)

  • 1㎝

    個数 1個

    表面積 6㎠

    Hosokawa Micron Group

    ““““ナノ”ってどれくらいの大きさ?ナノ”ってどれくらいの大きさ?ナノ”ってどれくらいの大きさ?ナノ”ってどれくらいの大きさ?

    1㎜

    一辺を一辺を一辺を一辺を1nm1nm1nm1nmにするとにするとにするとにすると

    一辺を一辺を一辺を一辺を1111㎛㎛㎛㎛にするとにするとにするとにすると

    1㎝=10㎜=10,000µm=10,000,000nm

    1,000個

    表面積 60㎠

    1×1012=1兆個

    表面積 6万㎠=6㎡

    1×1021=10垓個

    表面積 6,000㎡

    一辺を一辺を一辺を一辺を1111㎜㎜㎜㎜にするとにするとにするとにすると

    甲子園球場のフィールド甲子園球場のフィールド甲子園球場のフィールド甲子園球場のフィールド

    の1の1の1の1/2/2/2/2の大きさに相当の大きさに相当の大きさに相当の大きさに相当

    10,00010,00010,00010,000億=億=億=億=1111兆兆兆兆

    10,00010,00010,00010,000兆=兆=兆=兆=1111京京京京

    10,00010,00010,00010,000京=京=京=京=1111垓垓垓垓

  • ・医薬品=医薬原体・医薬品=医薬原体・医薬品=医薬原体・医薬品=医薬原体・増量剤・増量剤・増量剤・増量剤

    Hosokawa Micron Group

    食 品

    オフィス用品

    日用品

    医薬品 家電品

    自動車・タイヤ=カーボンブラック、シリカ、タイヤコード・タイヤ=カーボンブラック、シリカ、タイヤコード・タイヤ=カーボンブラック、シリカ、タイヤコード・タイヤ=カーボンブラック、シリカ、タイヤコード・ウインドウ=ガラス材料・ウインドウ=ガラス材料・ウインドウ=ガラス材料・ウインドウ=ガラス材料・ボディー=塗装(染料、顔料)・ボディー=塗装(染料、顔料)・ボディー=塗装(染料、顔料)・ボディー=塗装(染料、顔料)・排気装置=セラミックフィルタ・排気装置=セラミックフィルタ・排気装置=セラミックフィルタ・排気装置=セラミックフィルタ・ハイブリッドシステム=二次電池用電極材料・ハイブリッドシステム=二次電池用電極材料・ハイブリッドシステム=二次電池用電極材料・ハイブリッドシステム=二次電池用電極材料

    モータ用希土類磁石モータ用希土類磁石モータ用希土類磁石モータ用希土類磁石などなどなどなど

    ・液晶テレビ=スペーサー(ガラス粉末)・液晶テレビ=スペーサー(ガラス粉末)・液晶テレビ=スペーサー(ガラス粉末)・液晶テレビ=スペーサー(ガラス粉末)・携帯電話、スマートフォン、タブレット・携帯電話、スマートフォン、タブレット・携帯電話、スマートフォン、タブレット・携帯電話、スマートフォン、タブレットPC

    =二次電池用電極材料、振動モータ用磁石材料=二次電池用電極材料、振動モータ用磁石材料=二次電池用電極材料、振動モータ用磁石材料=二次電池用電極材料、振動モータ用磁石材料・白物家電=塗装(粉体塗料)・白物家電=塗装(粉体塗料)・白物家電=塗装(粉体塗料)・白物家電=塗装(粉体塗料)・照明=・照明=・照明=・照明=LED・太陽電池=シリコン・太陽電池=シリコン・太陽電池=シリコン・太陽電池=シリコン などなどなどなど

    ・歯磨き=炭酸カルシウム・歯磨き=炭酸カルシウム・歯磨き=炭酸カルシウム・歯磨き=炭酸カルシウム・化粧品=酸化チタン・化粧品=酸化チタン・化粧品=酸化チタン・化粧品=酸化チタン・紙おむつ=高分子吸水樹脂・紙おむつ=高分子吸水樹脂・紙おむつ=高分子吸水樹脂・紙おむつ=高分子吸水樹脂・衣類=化学繊維・衣類=化学繊維・衣類=化学繊維・衣類=化学繊維・飲料容器=・飲料容器=・飲料容器=・飲料容器=PETボトルボトルボトルボトル・洗剤・洗剤・洗剤・洗剤 などなどなどなど

    ・複写機、プリンター=トナー・複写機、プリンター=トナー・複写機、プリンター=トナー・複写機、プリンター=トナー・記録メディア、・記録メディア、・記録メディア、・記録メディア、DVD=磁性材料=磁性材料=磁性材料=磁性材料・紙=漂白用酸化チタン、炭酸カルシウム・紙=漂白用酸化チタン、炭酸カルシウム・紙=漂白用酸化チタン、炭酸カルシウム・紙=漂白用酸化チタン、炭酸カルシウム・オフィス家具=塗装(粉体塗料)・オフィス家具=塗装(粉体塗料)・オフィス家具=塗装(粉体塗料)・オフィス家具=塗装(粉体塗料) などなどなどなど・パン、パスタ=小麦粉、米粉・パン、パスタ=小麦粉、米粉・パン、パスタ=小麦粉、米粉・パン、パスタ=小麦粉、米粉

    ・和菓子=上新粉、白玉粉・和菓子=上新粉、白玉粉・和菓子=上新粉、白玉粉・和菓子=上新粉、白玉粉・アルコール飲料=凍結果汁・アルコール飲料=凍結果汁・アルコール飲料=凍結果汁・アルコール飲料=凍結果汁・健康食品=サプリメント、青汁、・健康食品=サプリメント、青汁、・健康食品=サプリメント、青汁、・健康食品=サプリメント、青汁、

    すっぽんエキス、茶葉すっぽんエキス、茶葉すっぽんエキス、茶葉すっぽんエキス、茶葉 などなどなどなど

    生活の身近なところに生活の身近なところに生活の身近なところに生活の身近なところにホソカワの粉体技術ホソカワの粉体技術ホソカワの粉体技術ホソカワの粉体技術

    私たちの生活に活きる私たちの生活に活きる私たちの生活に活きる私たちの生活に活きる “粉体技術”“粉体技術”“粉体技術”“粉体技術” ①①①①

  • Hosokawa Micron Group

    自動車部品は、“粉体技術”の宝庫自動車部品は、“粉体技術”の宝庫自動車部品は、“粉体技術”の宝庫自動車部品は、“粉体技術”の宝庫

    <二次電池><二次電池><二次電池><二次電池>電池材料電池材料電池材料電池材料

    <電気配線><電気配線><電気配線><電気配線>難燃剤難燃剤難燃剤難燃剤

    <ランプ類><ランプ類><ランプ類><ランプ類>L E DL E DL E DL E D

    <バンパー><バンパー><バンパー><バンパー>樹脂コンパウンド樹脂コンパウンド樹脂コンパウンド樹脂コンパウンド <タイヤ><タイヤ><タイヤ><タイヤ>

    カーボンブラックカーボンブラックカーボンブラックカーボンブラック

    <排気装置><排気装置><排気装置><排気装置>セラミックフィルタセラミックフィルタセラミックフィルタセラミックフィルタ

    <ボディ><ボディ><ボディ><ボディ>塗料塗料塗料塗料

    <ウィンドウ><ウィンドウ><ウィンドウ><ウィンドウ>ガラス材料ガラス材料ガラス材料ガラス材料

    <ガソリン><ガソリン><ガソリン><ガソリン>各種添加剤各種添加剤各種添加剤各種添加剤

    <シート><シート><シート><シート>繊維材料繊維材料繊維材料繊維材料

    <エアバッグ><エアバッグ><エアバッグ><エアバッグ>ガス発生装置ガス発生装置ガス発生装置ガス発生装置

    <カーナビ><カーナビ><カーナビ><カーナビ>液晶材料液晶材料液晶材料液晶材料

    <走行用モータ><走行用モータ><走行用モータ><走行用モータ>磁石材料磁石材料磁石材料磁石材料

    私たちの生活に活きる私たちの生活に活きる私たちの生活に活きる私たちの生活に活きる “粉体技術”“粉体技術”“粉体技術”“粉体技術” ②②②②

  • ホソカワミクロンの粉体関連事業(モデル図)ホソカワミクロンの粉体関連事業(モデル図)ホソカワミクロンの粉体関連事業(モデル図)ホソカワミクロンの粉体関連事業(モデル図)

    Hosokawa Micron Group 9

    粉砕

    (細かく砕く)

    原 料

    製 品

    分級

    (大きさで分ける)

    混合

    (混ぜる)

    乾燥

    (乾かす)

    造粒

    (固めて粒にする)

    集塵

    (粉を集める)

    供給・排出・輸送

    (注ぎ込む・運ぶ)

    計測

    (物性を調べる)

    粒子設計

    (複合化などにより性質を変える)

    機械(ハード) + エンジニアリング(ソフト)

    身のまわりの製品の大部分は、製造工程(原料・中間工程)や最終製品で““““粉体粉体粉体粉体””””が使われている。

  • Hosokawa Micron Group

    ホソカワミクロングループは、 “粉体技術連峰”の形成により、常にグローバル・リーディングカンパニーであり続けます。プロセス機器、システムエンジニアリングおよび新素材の開発、製造、実用化などにより次世代先端産業を創出し、 “粉体技術連峰”の新たな展開を実現してまいります。

    経営ビジョン経営ビジョン経営ビジョン経営ビジョン

    コーポレートビションコーポレートビションコーポレートビションコーポレートビション

    10

  • Hosokawa Micron Group

    ホソカワミクロングループホソカワミクロングループホソカワミクロングループホソカワミクロングループ ““““Mission Statement”Mission Statement”Mission Statement”Mission Statement”

    経営ビジョン経営ビジョン経営ビジョン経営ビジョン

    ホソカワミクロングループは、経済的かつ優れた技術をもって顧客の多様なニーズに的確に対応してその満足を得るとともに、倫理的指針に基づく活動を通じて、社会に貢献し、自然環境の保護に努め、次世代のための環境保全に取り組む。 また従業員の積極的なチャレンジを可能にする充実した職場作りを推進し、株主への適切な利益還元を行うことを使命とする。

    11

  • Hosokawa Micron Group 12

    3つの事業3つの事業3つの事業3つの事業

    1.粉体関連事業

    2.プラスチック薄膜関連事業

    3.製菓関連事業

  • Hosokawa Micron Group

    ・・・・ 機械販売機械販売機械販売機械販売広範な産業分野で使用される粉砕、分級、混合、乾燥などの粉体関連機器の開発・製造・販売・システムエンジニアリング

    ・・・・ メンテナンスメンテナンスメンテナンスメンテナンス販売機器の部品販売、保守、修理、改造

    ・・・・ 受託加工受託加工受託加工受託加工原料を預かり、当社機器を用いて加工⇒顧客の設備投資削減、市場変化への

    迅速な対応に貢献

    13

    3つの事業3つの事業3つの事業3つの事業 //// 粉体関連事業粉体関連事業粉体関連事業粉体関連事業 <<<<H25H25H25H25年度年度年度年度 事業別売上比率:事業別売上比率:事業別売上比率:事業別売上比率:78.678.678.678.6%>%>%>%>

    <強み> ①グローバルな事業展開

    ②永年の経験に基づき、顧客ごとに異なる要求に

    応える技術開発力、グループ企業連携による対応力

  • Hosokawa Micron Group

    3つの事業3つの事業3つの事業3つの事業 //// プラスチック薄膜関連事業プラスチック薄膜関連事業プラスチック薄膜関連事業プラスチック薄膜関連事業

    ・ プラスチック薄膜製造装置およびその周辺機器の開発・製造・販売・システムエンジニアリング⇒ 多層高機能インフレーションフィルム(3層を中心に9層まで)

    に特化、技術は世界トップレベル

    用途:食品用バリアフィルム、医薬品の包装用フィルム、

    電子機器の保護フィルム など

    14

    スタンドアップ型のパウチスタンドアップ型のパウチスタンドアップ型のパウチスタンドアップ型のパウチ携帯電話・液晶テレビ携帯電話・液晶テレビ携帯電話・液晶テレビ携帯電話・液晶テレビなどスクリーン用保護フィルムなどスクリーン用保護フィルムなどスクリーン用保護フィルムなどスクリーン用保護フィルム

    容器密封シール容器密封シール容器密封シール容器密封シール

    <<<<H25H25H25H25年度年度年度年度 事業別売上比率:事業別売上比率:事業別売上比率:事業別売上比率:16.516.516.516.5%>%>%>%>

  • Hosokawa Micron Group

    3つの事業3つの事業3つの事業3つの事業 //// 製菓関連事業製菓関連事業製菓関連事業製菓関連事業

    ・ キャンディ、チョコレート、クッキーなどの製菓製造装置の開発・製造・販売・システムエンジニアリング

    ・ 高度な押出成形加工が必要な製造ラインに強み

    ・ 製菓機器業界のトップブランドのひとつ

    ・ 主要顧客は、世界の主要食品・製菓メーカー

    (米) (米) (スイス) (英) など

    15

    <<<<H25H25H25H25年度年度年度年度 事業別売上比率:事業別売上比率:事業別売上比率:事業別売上比率:4.94.94.94.9%>%>%>%>

  • Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    決決決決 算算算算 総総総総 括括括括 ①①①①

    16

    (単位:百万円)

    金額金額金額金額 売上高比売上高比売上高比売上高比 金額金額金額金額 売上高比売上高比売上高比売上高比 金額金額金額金額 率率率率

    売上高売上高売上高売上高 40,698 44,950 +4,252 +10.4%

    営業利益営業利益営業利益営業利益 3,907 9.6% 3,386 7.5% -521 -13.3%

    経常利益経常利益経常利益経常利益 3,865 9.5% 3,520 7.8% -345 -8.9%

    当期純利益当期純利益当期純利益当期純利益 2,208 5.4% 2,250 5.0% +42 +1.9%

    【為替レート】【為替レート】【為替レート】【為替レート】円/US$円/US$円/US$円/US$ 78.87 92.82

    円/EURO円/EURO円/EURO円/EURO 102.39 121.82

    平成25年9月期平成25年9月期平成25年9月期平成25年9月期平成24年9月期平成24年9月期平成24年9月期平成24年9月期 増減増減増減増減

    為替変動による影響為替変動による影響為替変動による影響為替変動による影響

    売上高売上高売上高売上高 約約約約 +59億円億円億円億円

    営業利益営業利益営業利益営業利益 約約約約 +4.8億円億円億円億円

  • Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    決決決決 算算算算 総総総総 括括括括 ②②②②

    17

    売上高売上高売上高売上高 営業利益営業利益営業利益営業利益 経常利益経常利益経常利益経常利益 税金等調整前税金等調整前税金等調整前税金等調整前 当期当期当期当期当期純利益当期純利益当期純利益当期純利益 純利益純利益純利益純利益

    営業外費用 1.4営業外費用 1.4営業外費用 1.4営業外費用 1.4

    (億円)

    特別損失 2.2特別損失 2.2特別損失 2.2特別損失 2.2法人税、住民税及び事業税 8.4法人税、住民税及び事業税 8.4法人税、住民税及び事業税 8.4法人税、住民税及び事業税 8.4法人税等調整額  2.5法人税等調整額  2.5法人税等調整額  2.5法人税等調整額  2.5

    営業外収益 2.7営業外収益 2.7営業外収益 2.7営業外収益 2.7特別利益 0.5特別利益 0.5特別利益 0.5特別利益 0.5

    売上原価     293売上原価     293売上原価     293売上原価     293販売費・一般管理費 122販売費・一般管理費 122販売費・一般管理費 122販売費・一般管理費 122

    為替(円安)による膨らみ 約59為替(円安)による膨らみ 約59為替(円安)による膨らみ 約59為替(円安)による膨らみ 約59

    33億円33億円33億円33億円 22億円22億円22億円22億円449億円449億円449億円449億円 33億円33億円33億円33億円 35億円35億円35億円35億円

  • 157

    144180

    215179

    171204

    227234

    168

    35.9%36.7%

    33.4%34.7% 34.8%

    30.7% 31.0%

    29.1%

    27.3%26.3%

    7.5%9.6%

    7.6%

    2.3%4.0%

    9.7%11.0%

    8.7%

    1.7%2.2%0%

    5%

    10%

    15%

    20%

    25%

    30%

    35%

    40%

    平成平成平成平成21年度年度年度年度 平成平成平成平成22年度年度年度年度 平成平成平成平成23年度年度年度年度 平成平成平成平成24年度年度年度年度 平成平成平成平成25年度年度年度年度

    GGGGPPPPRRRR

    、、、、販販販販管管管管費費費費比比比比率率率率

    、、、、営営営営業業業業利利利利益益益益率率率率

    ((((%

    ))))

    0

    100

    200

    300

    400

    500

    600

    売売売売上上上上高高高高

    ((((億億億億円円円円

    ))))

    売上高(上半期) 売上高(下半期) 売上総利益率売上高販管費率 売上高営業利益率 ROE

    348315

    361

    406449

    U S $ 9 5 . 2 2 8 9 . 5 8 8 1 . 1 5 7 8 . 8 7 9 2 . 8 2

    E u r o 1 2 8 . 7 1 1 2 1 . 5 0 1 1 3 . 0 9 1 0 2 . 3 9 1 2 1 . 8 2

    Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    決決決決 算算算算 総総総総 括括括括 ③③③③

    18

  • Hosokawa Micron Group

    連結売上高の推移(為替の影響試算)

    H25年度レート(年度レート(年度レート(年度レート(USD::::92.82円、円、円、円、Euro::::121.82円)で試算した連結売上高円)で試算した連結売上高円)で試算した連結売上高円)で試算した連結売上高

    161.71

    92.82

    125.56

    106.42

    117.81

    78.8781.1589.58

    95.22

    107.67

    118.99

    116.26107.35108.80

    119.23

    121.82

    149.77

    136.59132.36129.40

    115.23

    104.83102.70

    158.25

    128.71121.50

    113.09

    102.39

    0

    100

    200

    300

    400

    500

    600

    H12年度 H13年度 H14年度 H15年度 H16年度 H17年度 H18年度 H19年度 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度

    売上

    高(億

    円)

    50.00

    100.00

    150.00

    200.00

    250.00

    300.00

    350.00

    為替

    レー

    ト(円

    開示売上高 固定レート売上高(試算値) US$= EURO=

    為替による変動分

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    19

  • Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    受注高、売上高、受注残高の推移(連結)受注高、売上高、受注残高の推移(連結)受注高、売上高、受注残高の推移(連結)受注高、売上高、受注残高の推移(連結)

    20

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    120

    140

    160

    180

    200

    220

    240

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    1 Qtr.

    2 Qtr.

    3 Qtr.

    4 Qtr.

    平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    受注高・売上高・受注残高

    (億円

    (10)

    (5)

    0

    5

    10

    15

    20

    25

    30

    35

    40

    45

    50

    営業利益

    (億円

    受注残高 受注高 売上高 営業利益

    リーマンショックリーマンショックリーマンショックリーマンショック

    ※※※※為替の影響未含為替の影響未含為替の影響未含為替の影響未含

    U S $ 116 .2 6 118 .9 9 10 7 .6 7 95 .2 2 89 .5 8 81 .1 5 78 .8 7 9 2 .8 2

    E u ro 14 3 .0 1 158 .2 5 16 1 .7 1 1 28 .7 1 121 .5 0 11 3 .0 9 102 .3 9 12 1 .8 2

  • Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    セグメント別セグメント別セグメント別セグメント別 売上高、営業利益(連結)売上高、営業利益(連結)売上高、営業利益(連結)売上高、営業利益(連結)

    【売上高】【売上高】【売上高】【売上高】 (単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)

    実 績実 績実 績実 績 実 績実 績実 績実 績 前年比前年比前年比前年比

    粉粉粉粉 体体体体 関関関関 連連連連 事事事事 業業業業 32,54932,54932,54932,549 35,33935,33935,33935,339 +8.6%+8.6%+8.6%+8.6%ププププ ララララ スススス チチチチ ッッッッ クククク薄薄薄薄 膜膜膜膜 関関関関 連連連連 事事事事 業業業業 5,9425,9425,9425,942 7,4187,4187,4187,418 +24.8%+24.8%+24.8%+24.8%

    製製製製 菓菓菓菓 関関関関 連連連連 事事事事 業業業業 2,2052,2052,2052,205 2,1932,1932,1932,193 -0.6%-0.6%-0.6%-0.6%

    合合合合 計計計計 40,69840,69840,69840,698 44,95044,95044,95044,950 +10.4%+10.4%+10.4%+10.4%

    【営業利益】【営業利益】【営業利益】【営業利益】 (単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)

    実 績実 績実 績実 績 実 績実 績実 績実 績 前年比前年比前年比前年比

    粉粉粉粉体体体体 関関関関連連連連 事事事事業業業業 4,4974,4974,4974,497 3,7993,7993,7993,799 -15.5%-15.5%-15.5%-15.5%ププププ ララララ スススス チチチチ ッッッッ クククク薄薄薄薄 膜膜膜膜 関関関関 連連連連 事事事事 業業業業 439439439439 667667667667 +51.9%+51.9%+51.9%+51.9%

    製製製製菓菓菓菓 関関関関連連連連 事事事事業業業業 28282828 ▲ 99▲ 99▲ 99▲ 99 ----

    調調調調 整整整整 額額額額 (((( ※※※※ )))) ▲ 1,056▲ 1,056▲ 1,056▲ 1,056 ▲ 1,002▲ 1,002▲ 1,002▲ 1,002

    合合合合 計計計計 3,9073,9073,9073,907 3,3863,3863,3863,386 -13.3%-13.3%-13.3%-13.3%

    平成24年度平成24年度平成24年度平成24年度 平成25年度平成25年度平成25年度平成25年度

    平成24年度平成24年度平成24年度平成24年度 平成25年度平成25年度平成25年度平成25年度

    21

    ※※※※主に各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費主に各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費主に各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費主に各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費

    平成25年度 売上構成

    プラスチック16.5%

    製菓4.9%

    粉体78.6%

  • Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    生産拠点別業績(連結)生産拠点別業績(連結)生産拠点別業績(連結)生産拠点別業績(連結)

    22

    (単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)

    前年比前年比前年比前年比

    日本日本日本日本 売上高売上高売上高売上高 15,724 12,038 76.6%

    営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%) 2,724 17.3% 1,258 10.5% 46.2%

    アメリカアメリカアメリカアメリカ 売上高売上高売上高売上高 4,596 7,364 160.2%

    営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%) 276 6.0% 664 9.0% 240.6%

    欧州欧州欧州欧州 売上高売上高売上高売上高 22,535 28,665 127.2%

    営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%) 1,861 8.3% 2,298 8.0% 123.5%

    アジア・アジア・アジア・アジア・ 売上高売上高売上高売上高 978 925 94.6%

    その他その他その他その他 営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%) 101 10.3% 131 14.2% 129.7%

    消去後消去後消去後消去後 売上高売上高売上高売上高 40,698 44,950 110.4%

    合計合計合計合計 営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%)営業利益/率(%) 3,907 9.6% 3,386 7.5% 86.7%

    平成24年度平成24年度平成24年度平成24年度 平成25年度平成25年度平成25年度平成25年度

    アメリカ:好調、欧州:円安効果による大幅増収・増益アメリカ:好調、欧州:円安効果による大幅増収・増益アメリカ:好調、欧州:円安効果による大幅増収・増益アメリカ:好調、欧州:円安効果による大幅増収・増益

  • Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

    納入地域別売上高(連結)納入地域別売上高(連結)納入地域別売上高(連結)納入地域別売上高(連結)

    23

    (単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)(単位:百万円)

    平成24年度平成24年度平成24年度平成24年度 平成25年度平成25年度平成25年度平成25年度 前年比前年比前年比前年比

    日本日本日本日本 売上高売上高売上高売上高 14,036 10,120 72.1%占有率占有率占有率占有率 34.5% 22.5%

    アメリカアメリカアメリカアメリカ 売上高売上高売上高売上高 5,849 9,178 156.9%占有率占有率占有率占有率 14.4% 20.4%

    欧州欧州欧州欧州 売上高売上高売上高売上高 12,795 15,650 122.3%占有率占有率占有率占有率 31.4% 34.8%

    アジア・アジア・アジア・アジア・ 売上高売上高売上高売上高 8,017 10,001 124.7%その他その他その他その他 占有率占有率占有率占有率 19.7% 22.2%

    合計合計合計合計 売上高売上高売上高売上高 40,698 44,950 110.4%

    アジア・その他地域向けが続伸、アジア・その他地域向けが続伸、アジア・その他地域向けが続伸、アジア・その他地域向けが続伸、100億円を超える億円を超える億円を超える億円を超える

  • Hosokawa Micron Group

    海外売上(納入地)構成の推移海外売上(納入地)構成の推移海外売上(納入地)構成の推移海外売上(納入地)構成の推移

    24

    17%16%14% 14% 20%

    34%37%36% 31%

    35%

    18%18%

    19%20%

    22%

    0%

    10%

    20%

    30%

    40%

    50%

    60%

    70%

    80%

    90%

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    アジア・その他(日本除く)

    欧州

    アメリカ

    65億円億円億円億円

    118億円億円億円億円

    57億円億円億円億円

    60億円億円億円億円

    123億億億億円円円円

    65億円億円億円億円

    58億円億円億円億円

    128億円億円億円億円

    80億円億円億円億円

    92億円億円億円億円

    157億円億円億円億円

    100億円億円億円億円

    125億円億円億円億円

    47億円億円億円億円 52億円億円億円億円

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

  • 6.3%

    10.2%

    13.0%

    17.7%

    15.8%

    7.4%

    3.6%

    7%

    11%

    17%

    9%

    19%

    7%

    4%

    9%

    10%

    18%

    5%

    16%

    8%

    6%

    26.1%25%

    28%

    H25H25H25H25年度年度年度年度

    H24H24H24H24年度年度年度年度

    H23H23H23H23年度年度年度年度

    業種別受注業種別受注業種別受注業種別受注

    (連結)(連結)(連結)(連結)

    医薬医薬医薬医薬

    食品(製菓含む)食品(製菓含む)食品(製菓含む)食品(製菓含む)

    プラスチック薄膜・固相重合プラスチック薄膜・固相重合プラスチック薄膜・固相重合プラスチック薄膜・固相重合

    鉱物鉱物鉱物鉱物

    トナー・電子材料トナー・電子材料トナー・電子材料トナー・電子材料

    リサイクル・環境リサイクル・環境リサイクル・環境リサイクル・環境

    アフターセールス・部品・アフターセールス・部品・アフターセールス・部品・アフターセールス・部品・

    マテリアル・受託加工マテリアル・受託加工マテリアル・受託加工マテリアル・受託加工 化学化学化学化学

    25Hosokawa Micron Group

    市場別受注構成比の推移(連結)

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括グループ業績の総括

  • 63

    65

    4463

    58

    6252

    9275

    63

    38.9%41.5%

    38.3%

    42.2%39.2%

    34.4%

    36.2%31.9%

    28.2%

    36.3%

    7.8%

    2.1%

    9.6%10.7%

    2.8%

    0%

    10%

    20%

    30%

    40%

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    GGGGPPPPRRRR

    、、、、販販販販管管管管費費費費比比比比率率率率

    、、、、営営営営業業業業利利利利益益益益率率率率

    ((((%

    ))))

    0

    50

    100

    150

    200

    売売売売上上上上高高高高

    ((((億億億億円円円円

    ))))

    売上高(上半期) 売上高(下半期) 売上総利益率

    売上高販管費率 売上高営業利益率

    107

    133124

    155

    117

    26Hosokawa Micron Group

    平成平成平成平成25252525年年年年9999月期月期月期月期 国内業績の総括国内業績の総括国内業績の総括国内業績の総括

    決決決決 算算算算 総総総総 括括括括

  • 新興国市場の成長等に代表される事業環境の変化への柔軟かつ迅速な対応

    粉体技術連峰の発展と強化

    ◆◆◆◆ 商品力、開発力の強化商品力、開発力の強化商品力、開発力の強化商品力、開発力の強化

    ◆◆◆◆ 新興国市場でビジネス展開力の強化新興国市場でビジネス展開力の強化新興国市場でビジネス展開力の強化新興国市場でビジネス展開力の強化

    ◆◆◆◆ グループ企業間、機能間の業務提携強化グループ企業間、機能間の業務提携強化グループ企業間、機能間の業務提携強化グループ企業間、機能間の業務提携強化

    ◆◆◆◆ 環境保護(環境保護(環境保護(環境保護(CO2CO2CO2CO2削減)ビジネスの取組み強化削減)ビジネスの取組み強化削減)ビジネスの取組み強化削減)ビジネスの取組み強化

    ◆◆◆◆ 人材育成の加速人材育成の加速人材育成の加速人材育成の加速

    具体的強化策

    27Hosokawa Micron Group

    基基基基 本本本本 方方方方 針針針針

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • <基本方針><基本方針><基本方針><基本方針>

    優れた技術、製品を創出し、応用分野・市場でより強固な優れた技術、製品を創出し、応用分野・市場でより強固な優れた技術、製品を創出し、応用分野・市場でより強固な優れた技術、製品を創出し、応用分野・市場でより強固なポジションを確立することにより、さらなる成長を図る。ポジションを確立することにより、さらなる成長を図る。ポジションを確立することにより、さらなる成長を図る。ポジションを確立することにより、さらなる成長を図る。

    ①新製品の開発①新製品の開発①新製品の開発①新製品の開発

    ②新興国市場への取組強化②新興国市場への取組強化②新興国市場への取組強化②新興国市場への取組強化

    ③重点市場向け戦略強化③重点市場向け戦略強化③重点市場向け戦略強化③重点市場向け戦略強化

    ④ナノマテリアルビジネスの拡大④ナノマテリアルビジネスの拡大④ナノマテリアルビジネスの拡大④ナノマテリアルビジネスの拡大

    28Hosokawa Micron Group

    成成成成 長長長長 戦戦戦戦 略略略略

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • <基本方針><基本方針><基本方針><基本方針>

    企業体質の強化による収益力向上の実現企業体質の強化による収益力向上の実現企業体質の強化による収益力向上の実現企業体質の強化による収益力向上の実現

    ①商品企画力、開発力の強化①商品企画力、開発力の強化①商品企画力、開発力の強化①商品企画力、開発力の強化

    ②新製品の市場投入の加速②新製品の市場投入の加速②新製品の市場投入の加速②新製品の市場投入の加速

    ③アフターセールス活動の強化③アフターセールス活動の強化③アフターセールス活動の強化③アフターセールス活動の強化

    ④受託加工事業の強化④受託加工事業の強化④受託加工事業の強化④受託加工事業の強化

    29Hosokawa Micron Group

    収収収収 益益益益 力力力力 向向向向 上上上上 戦戦戦戦 略略略略

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • グローバル市場を視野に入れ、相互の得意/不得意分野グローバル市場を視野に入れ、相互の得意/不得意分野グローバル市場を視野に入れ、相互の得意/不得意分野グローバル市場を視野に入れ、相互の得意/不得意分野

    において補完できる協業関係を構築する。において補完できる協業関係を構築する。において補完できる協業関係を構築する。において補完できる協業関係を構築する。

    30Hosokawa Micron Group

    積極的業務提携の推進積極的業務提携の推進積極的業務提携の推進積極的業務提携の推進

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • 平成26年9月期 ⇒ 売上高営業利益率10%

    (単位:億円)(単位:億円)(単位:億円)(単位:億円)

    平成23年平成23年平成23年平成23年9月期9月期9月期9月期

    実績実績実績実績中期中期中期中期計画計画計画計画

    実績実績実績実績前年比前年比前年比前年比増減増減増減増減

    中期中期中期中期計画計画計画計画

    実績実績実績実績前年比前年比前年比前年比増減増減増減増減

    中期中期中期中期計画計画計画計画

    予想予想予想予想前年比前年比前年比前年比(予想)(予想)(予想)(予想)増減増減増減増減

    売上高 売上高 売上高 売上高 361361361361 390390390390 406406406406 12.5%12.5%12.5%12.5% 405405405405 449449449449 10.4%10.4%10.4%10.4% 420420420420 475475475475 5.7%5.7%5.7%5.7%

    営業利益営業利益営業利益営業利益 27272727 28282828 39393939 41.9%41.9%41.9%41.9% 35353535 33333333 -13.3%-13.3%-13.3%-13.3% 42424242 37373737 9.3%9.3%9.3%9.3%

    (売上高比)(売上高比)(売上高比)(売上高比) 7.6%7.6%7.6%7.6% 7.2%7.2%7.2%7.2% 9.6%9.6%9.6%9.6% 8.6%8.6%8.6%8.6% 7.5%7.5%7.5%7.5% 10.0%10.0%10.0%10.0% 7.8%7.8%7.8%7.8%

    経常利益経常利益経常利益経常利益 26262626 27272727 38383838 43.5%43.5%43.5%43.5% 34343434 35353535 -8.9%-8.9%-8.9%-8.9% 41414141 37373737 5.1%5.1%5.1%5.1%

    (売上高比)(売上高比)(売上高比)(売上高比) 7.4%7.4%7.4%7.4% 6.9%6.9%6.9%6.9% 9.5%9.5%9.5%9.5% 8.4%8.4%8.4%8.4% 7.8%7.8%7.8%7.8% 9.8%9.8%9.8%9.8% 7.8%7.8%7.8%7.8%

    当期純利益当期純利益当期純利益当期純利益 16161616 18181818 22222222 33.6%33.6%33.6%33.6% 24242424 22222222 1.9%1.9%1.9%1.9% 28282828 25252525 11.1%11.1%11.1%11.1%

    (売上高比)(売上高比)(売上高比)(売上高比) 4.6%4.6%4.6%4.6% 4.6%4.6%4.6%4.6% 5.4%5.4%5.4%5.4% 5.9%5.9%5.9%5.9% 5.0%5.0%5.0%5.0% 6.7%6.7%6.7%6.7% 5.3%5.3%5.3%5.3%

    【為替レート】【為替レート】【為替レート】【為替レート】

    US$US$US$US$ 81.1581.1581.1581.15 80808080 78.8778.8778.8778.87 80808080 92.8292.8292.8292.82 80808080 98989898

    EUROEUROEUROEURO 113.09113.09113.09113.09 110110110110 102.39102.39102.39102.39 110110110110 121.82121.82121.82121.82 110110110110 130130130130

    平成26年9月期平成26年9月期平成26年9月期平成26年9月期平成25年9月期平成25年9月期平成25年9月期平成25年9月期平成24年9月期平成24年9月期平成24年9月期平成24年9月期

    31Hosokawa Micron Group

    中期3ヵ年計画と進捗中期3ヵ年計画と進捗中期3ヵ年計画と進捗中期3ヵ年計画と進捗

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

    課題

  • 営業利益率向上施策

    32Hosokawa Micron Group

    中期3ヵ年計画達成に向けた施策中期3ヵ年計画達成に向けた施策中期3ヵ年計画達成に向けた施策中期3ヵ年計画達成に向けた施策

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

    ★ 販売力強化 ★

    ◆新製品・新技術の開発と展開

    高付加価値分野 ・・・ 二次電池、磁石、高機能樹脂 分野 など

    高度な機械加工技術(ものづくり技術) ・・・ 大型装置

    ◆新興国への積極的展開

    対応地域の強化・拡大 ・・・ 候補:南米地域

    メンテナンス事業のアジア展開強化 ・・・ 装置納入先企業の掘り起こし など

    ◆国内事業の回復

    “営業の基本に返る” = 顧客とのコミュニケーション強化

  • <粉体><粉体><粉体><粉体>

    ・特殊ロータ型微粉砕機・特殊ロータ型微粉砕機・特殊ロータ型微粉砕機・特殊ロータ型微粉砕機 ⇒⇒⇒⇒ トナートナートナートナー用途用途用途用途 などなどなどなど

    ・ターゲット型ジェットミル・ターゲット型ジェットミル・ターゲット型ジェットミル・ターゲット型ジェットミル ⇒⇒⇒⇒ 磁性材料磁性材料磁性材料磁性材料用途用途用途用途 などなどなどなど

    ・乾式ボールミル・乾式ボールミル・乾式ボールミル・乾式ボールミル ⇒⇒⇒⇒ 二次電池材料二次電池材料二次電池材料二次電池材料用途用途用途用途 などなどなどなど

    ・新型・新型・新型・新型DDSDDSDDSDDS技術応用ナノ粒子配合育毛剤技術応用ナノ粒子配合育毛剤技術応用ナノ粒子配合育毛剤技術応用ナノ粒子配合育毛剤 ⇒⇒⇒⇒ 生体適合性ナノ粒子の加水分解を制御生体適合性ナノ粒子の加水分解を制御生体適合性ナノ粒子の加水分解を制御生体適合性ナノ粒子の加水分解を制御

    <プラスチック薄膜><プラスチック薄膜><プラスチック薄膜><プラスチック薄膜>

    ・・・・幅広幅広幅広幅広5555層フィルム、層フィルム、層フィルム、層フィルム、新原料(ポリプロピレン)を用いた高付加価値新原料(ポリプロピレン)を用いた高付加価値新原料(ポリプロピレン)を用いた高付加価値新原料(ポリプロピレン)を用いた高付加価値液晶保護フィルム液晶保護フィルム液晶保護フィルム液晶保護フィルム

    <製菓><製菓><製菓><製菓>

    ・・・・サニタリー仕様(洗浄しやすい)サニタリー仕様(洗浄しやすい)サニタリー仕様(洗浄しやすい)サニタリー仕様(洗浄しやすい)装置、顧客装置、顧客装置、顧客装置、顧客R&DR&DR&DR&D用装置用装置用装置用装置

    Hosokawa Micron Group

    施施施施 策策策策 (製品戦略)(製品戦略)(製品戦略)(製品戦略)

    新製品の市場投入・新用途開発を加速

    33

    目標=売上高新製品比率 30%

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

    ⇒ 狙いは、高付加価値分野

  • 新興国市場でのビジネス展開力強化

    75757575

    99999999

    126126126126136136136136

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    120

    140

    160

    実績 実績 実績 予想

    H23年度 H24年度 H25年度 H26年度

    (億

    円)

    【【【【新興国向け売上実績と予想新興国向け売上実績と予想新興国向け売上実績と予想新興国向け売上実績と予想】】】】

    南米地域(ブラジル)への直接進出を検討

    34Hosokawa Micron Group

    施施施施 策策策策 (地域戦略)(地域戦略)(地域戦略)(地域戦略)

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • アフターセールス活動の強化

    ・・・・日本からのアジア地域日本からのアジア地域日本からのアジア地域日本からのアジア地域展開を展開を展開を展開を

    強化強化強化強化

    ⇒⇒⇒⇒ 日系企業も多く、設備納入日系企業も多く、設備納入日系企業も多く、設備納入日系企業も多く、設備納入

    顧客も多い顧客も多い顧客も多い顧客も多い

    ・・・・即効性即効性即効性即効性のある高収益事業のある高収益事業のある高収益事業のある高収益事業

    ⇒⇒⇒⇒ 収益力向上に直結収益力向上に直結収益力向上に直結収益力向上に直結

    (特に国内)(特に国内)(特に国内)(特に国内)

    粉体、プラスチック薄膜、製菓の全3事業で、

    機器販売が好調なアジア市場、経済成長著しい新興国市場を強化

    連結

    7474747484848484

    62626262

    9292929290909090

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    H22年度通期

    H23年度通期

    H24年度通期

    H25年度通期

    H26年度予想

    (億円)【売上推移】

    35Hosokawa Micron Group

    施施施施 策策策策 (市場戦略)(市場戦略)(市場戦略)(市場戦略)

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • 受託加工事業の強化

    ・ドイツ受託加工工場・ドイツ受託加工工場・ドイツ受託加工工場・ドイツ受託加工工場 改築・設備増強改築・設備増強改築・設備増強改築・設備増強

    ⇒⇒⇒⇒ 低温粉砕装置、大型ジェットミルの増設低温粉砕装置、大型ジェットミルの増設低温粉砕装置、大型ジェットミルの増設低温粉砕装置、大型ジェットミルの増設

    高付加価値原料(食品)高付加価値原料(食品)高付加価値原料(食品)高付加価値原料(食品)の加工の加工の加工の加工

    顧客原料の顧客原料の顧客原料の顧客原料の保管倉庫保管倉庫保管倉庫保管倉庫

    ・つくば事業所へ受託加工設備を集約・つくば事業所へ受託加工設備を集約・つくば事業所へ受託加工設備を集約・つくば事業所へ受託加工設備を集約

    ⇒⇒⇒⇒ 効率化=収益性向上効率化=収益性向上効率化=収益性向上効率化=収益性向上

    加工能力加工能力加工能力加工能力30303030%向上%向上%向上%向上

    早期に売上早期に売上早期に売上早期に売上10101010億円を目指す億円を目指す億円を目指す億円を目指す0

    5

    10

    15

    20

    H22年度通期

    H23年度通期

    H24年度通期

    H25年度通期

    H26年度予想

    (億円)

    【売上推移】

    13.115.5 15.5

    17.7

    36

    19.8

    Hosokawa Micron Group

    施施施施 策策策策 (市場戦略)(市場戦略)(市場戦略)(市場戦略)

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • 独自技術の水平展開独自技術の水平展開独自技術の水平展開独自技術の水平展開

    (例)化粧品通販会社、皮膚科向け商品の企画・製造(例)化粧品通販会社、皮膚科向け商品の企画・製造(例)化粧品通販会社、皮膚科向け商品の企画・製造(例)化粧品通販会社、皮膚科向け商品の企画・製造

    サントリーウエルネス:育毛剤新製品を販売開始(平成サントリーウエルネス:育毛剤新製品を販売開始(平成サントリーウエルネス:育毛剤新製品を販売開始(平成サントリーウエルネス:育毛剤新製品を販売開始(平成25年年年年10月~)月~)月~)月~)

    ナノマテリアルビジネス

    ・オリジナル商品の拡販(化粧品、育毛剤)・オリジナル商品の拡販(化粧品、育毛剤)・オリジナル商品の拡販(化粧品、育毛剤)・オリジナル商品の拡販(化粧品、育毛剤)

    ・受託研究の拡大・受託研究の拡大・受託研究の拡大・受託研究の拡大

    ・・・・OEMOEMOEMOEM事業の拡大(化粧品、育毛剤)事業の拡大(化粧品、育毛剤)事業の拡大(化粧品、育毛剤)事業の拡大(化粧品、育毛剤)

    新薬、医療用デバイスの開発受託新薬、医療用デバイスの開発受託新薬、医療用デバイスの開発受託新薬、医療用デバイスの開発受託

    (例)アンジェス(例)アンジェス(例)アンジェス(例)アンジェスMG:薬剤溶出型バルーンカテーテル:薬剤溶出型バルーンカテーテル:薬剤溶出型バルーンカテーテル:薬剤溶出型バルーンカテーテル

    PLGAナノ粒子技術の市場展開を推進、ナノ粒子技術の市場展開を推進、ナノ粒子技術の市場展開を推進、ナノ粒子技術の市場展開を推進、一剤化技術一剤化技術一剤化技術一剤化技術の応用の応用の応用の応用

    (例)ナノクリスフェア(基礎化粧品)、ナノインパクト(育毛剤)(例)ナノクリスフェア(基礎化粧品)、ナノインパクト(育毛剤)(例)ナノクリスフェア(基礎化粧品)、ナノインパクト(育毛剤)(例)ナノクリスフェア(基礎化粧品)、ナノインパクト(育毛剤)

    37Hosokawa Micron Group

    施施施施 策策策策 (市場戦略)(市場戦略)(市場戦略)(市場戦略)

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

  • ◆◆◆◆ 製品ハンドブック製品ハンドブック製品ハンドブック製品ハンドブック

    ◆◆◆◆ WebWebWebWebサイトサイトサイトサイト

    日本:ホソカワミクロン

    ドイツ:ホソカワアルピネA.G.、ホソカワビーペックスGmbH

    オランダ:ホソカワミクロンB.V.

    完全リニューアル

    38Hosokawa Micron Group

    施施施施 策策策策 (営業戦略)(営業戦略)(営業戦略)(営業戦略)

    第第第第14141414次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画次中期3ヵ年計画

    販売促進ツールの充実

  • Hosokawa Micron Group

    研究開発費・設備投資・減価償却費の推移

    8.758 .758 .758 .75

    11.0011.0011.0011.00

    8 .348 .348 .348 .347.307.307.307.307.837.837.837.83

    8.458.458.458.45

    20 .0020 .0020 .0020 .00

    24 .4124 .4124 .4124 .41

    13.0313.0313.0313.0312.8412.8412.8412.84

    8.358.358.358.35

    9 .959 .959 .959 .958 .818 .818 .818 .819 .359 .359 .359 .35

    11 .2011 .2011 .2011 .20

    0

    5

    10

    15

    20

    25

    30

    H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度

    (予想)

    (億円)

    研究開発費

    設備投資

    減価償却費

    <主な設備投資>

    (H25年度)

    ・新東京事業所

    ・ドイツ子会社

    生産設備、フィルムテストセンター

    (H26年度)【予定】

    ・ドイツ子会社

    生産設備、受託加工設備

    第第第第14141414次中期3カ年計画次中期3カ年計画次中期3カ年計画次中期3カ年計画

    研究開発費・設備投資・減価償却費研究開発費・設備投資・減価償却費研究開発費・設備投資・減価償却費研究開発費・設備投資・減価償却費

    39

  • Hosokawa Micron Group

    第第第第14141414次中期3カ年計画次中期3カ年計画次中期3カ年計画次中期3カ年計画

    販管費・一般管理費販管費・一般管理費販管費・一般管理費販管費・一般管理費

    40

    販売費/一般管理費(連結)販売費/一般管理費(連結)販売費/一般管理費(連結)販売費/一般管理費(連結)

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    120

    140

    H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度

    予想

    億円

    0.0%

    10.0%

    20.0%

    30.0%

    40.0%

    50.0%

    60.0%

    70.0%

    販管費 販管費比率

  • Hosokawa Micron Group

    2.2.2.2.テストセンターテストセンターテストセンターテストセンターでの実証・知見での実証・知見での実証・知見での実証・知見 (原料、製品別の膨大なデータベース)(原料、製品別の膨大なデータベース)(原料、製品別の膨大なデータベース)(原料、製品別の膨大なデータベース)

    テスト件数=年間約テスト件数=年間約テスト件数=年間約テスト件数=年間約3,5003,5003,5003,500件(国内件(国内件(国内件(国内1,2001,2001,2001,200件+海外件+海外件+海外件+海外2,3002,3002,3002,300件)件)件)件)

    1.1.1.1.90909090年超にわたる粉体一筋の年超にわたる粉体一筋の年超にわたる粉体一筋の年超にわたる粉体一筋の経験・ノウハウ経験・ノウハウ経験・ノウハウ経験・ノウハウとととと最先端技術最先端技術最先端技術最先端技術に裏付けられたに裏付けられたに裏付けられたに裏付けられた製品、システム、エンジニアリング製品、システム、エンジニアリング製品、システム、エンジニアリング製品、システム、エンジニアリング

    粉体技術連峰粉体技術連峰粉体技術連峰粉体技術連峰=約=約=約=約300300300300機種の製品とそれらを結ぶエンジニアリング機種の製品とそれらを結ぶエンジニアリング機種の製品とそれらを結ぶエンジニアリング機種の製品とそれらを結ぶエンジニアリング

    3.3.3.3.研究開発型研究開発型研究開発型研究開発型企業企業企業企業 (特許(特許(特許(特許::::国内国内国内国内346346346346件件件件、海外、海外、海外、海外184184184184件件件件、国内実用新案、国内実用新案、国内実用新案、国内実用新案::::116116116116件)件)件)件)(平成25年10月1日現在)

    ホソカワミクロングループの信頼の源は?ホソカワミクロングループの信頼の源は?ホソカワミクロングループの信頼の源は?ホソカワミクロングループの信頼の源は?

    41

    4.強固な4.強固な4.強固な4.強固な産学連携産学連携産学連携産学連携 ((((1991199119911991年年年年 ホソカワ粉体工学振興財団設立)ホソカワ粉体工学振興財団設立)ホソカワ粉体工学振興財団設立)ホソカワ粉体工学振興財団設立)

    5.各種シンポジウム、講演討論会を毎年開催5.各種シンポジウム、講演討論会を毎年開催5.各種シンポジウム、講演討論会を毎年開催5.各種シンポジウム、講演討論会を毎年開催 ((((1960196019601960年代から年代から年代から年代から40404040年以上)年以上)年以上)年以上)

    専門学術誌「粉砕」(専門学術誌「粉砕」(専門学術誌「粉砕」(専門学術誌「粉砕」(1957195719571957年~)、英文専門学術誌「粉年~)、英文専門学術誌「粉年~)、英文専門学術誌「粉年~)、英文専門学術誌「粉 KONAKONAKONAKONA」(」(」(」(1983198319831983年~)年~)年~)年~)

    永年の永年の永年の永年の経験(ノウハウ)と卓越した最先端の技術経験(ノウハウ)と卓越した最先端の技術経験(ノウハウ)と卓越した最先端の技術経験(ノウハウ)と卓越した最先端の技術を持つ「ホソカワミクロン」は、を持つ「ホソカワミクロン」は、を持つ「ホソカワミクロン」は、を持つ「ホソカワミクロン」は、絶えず進歩を続ける社会に絶えず進歩を続ける社会に絶えず進歩を続ける社会に絶えず進歩を続ける社会に ““““必要不可欠な存在必要不可欠な存在必要不可欠な存在必要不可欠な存在””””

  • ブランド力

    Hosokawa Micron Group

    ★★★★ 一品一様の生産(受注生産、少量多機種)一品一様の生産(受注生産、少量多機種)一品一様の生産(受注生産、少量多機種)一品一様の生産(受注生産、少量多機種)

    高い生産技術を有する日本、ドイツなどで製造

    ★★★★ 高付加価値分野向け機器に強み(長年の経験・ノウハウが支える)高付加価値分野向け機器に強み(長年の経験・ノウハウが支える)高付加価値分野向け機器に強み(長年の経験・ノウハウが支える)高付加価値分野向け機器に強み(長年の経験・ノウハウが支える)

    簡単にコピーできない

    42

    日本の製造業の「ものづくり」が世界を元気にする!日本の製造業の「ものづくり」が世界を元気にする!日本の製造業の「ものづくり」が世界を元気にする!日本の製造業の「ものづくり」が世界を元気にする!

    信 頼 性

    技術・ノウハウの集結技術・ノウハウの集結技術・ノウハウの集結技術・ノウハウの集結 ⇒⇒⇒⇒ 高品質高品質高品質高品質・独自性・独自性・独自性・独自性

    顧客の顧客の顧客の顧客の期待に的確に期待に的確に期待に的確に期待に的確に応える企業であり続ける応える企業であり続ける応える企業であり続ける応える企業であり続ける

    高度な技術課題に高度な技術課題に高度な技術課題に高度な技術課題に挑戦挑戦挑戦挑戦し続けるし続けるし続けるし続ける

  • Hosokawa Micron Group 43

    ホソカワミクロンの将来像ホソカワミクロンの将来像ホソカワミクロンの将来像ホソカワミクロンの将来像

    グローバル企業として、最先端の粉体技術グローバル企業として、最先端の粉体技術グローバル企業として、最先端の粉体技術グローバル企業として、最先端の粉体技術の創造を通じて社会に貢献するの創造を通じて社会に貢献するの創造を通じて社会に貢献するの創造を通じて社会に貢献する

    ☆☆☆☆新興国市場拡大に向けた経営資源の投入新興国市場拡大に向けた経営資源の投入新興国市場拡大に向けた経営資源の投入新興国市場拡大に向けた経営資源の投入

    ☆☆☆☆技術開発、国際展開、人材育成技術開発、国際展開、人材育成技術開発、国際展開、人材育成技術開発、国際展開、人材育成

    産業界の期待に応え、新しい装置、新しい技術を生み出すことで、世の中を創造する企業を目指す

  • Hosokawa Micron Group

    株価の推移

    44

    株価と取引高の推移

    0

    100

    200

    300

    400

    500

    600

    700

    800

    900

    1,000

    H20年

    9月

    H20年

    12月

    H21年

    3月

    H21年

    6月

    H21年

    9月

    H21年

    12月

    H22年

    3月

    H22年

    6月

    H22年

    9月

    H22年

    12月

    H23年

    3月

    H23年

    6月

    H23年

    9月

    H23年

    12月

    H24年

    3月

    H24年

    6月

    H24年

    9月

    H24年

    12月

    H25年

    3月

    H25年

    6月

    H25年

    9月

    株価

    (円

    ) 

    / 

    取引

    高(千

    株)

    出来高

    株価

  • Hosokawa Micron Group

    株価の推移

    リーマン・ショック前=H20年(2008年)9月12日(金)を基準として推移を指数化

    45

    <HMC株価・TOPIX推移>  リーマンショック前との比較

    50%

    75%

    100%

    125%

    150%

    175%

    200%

    225%

    H20年

    9月

    H20年

    12月

    H21年

    3月

    H21年

    6月

    H21年

    9月

    H21年

    12月

    H22年

    3月

    H22年

    6月

    H22年

    9月

    H22年

    12月

    H23年

    3月

    H23年

    6月

    H23年

    9月

    H23年

    12月

    H24年

    3月

    H24年

    6月

    H24年

    9月

    H24年

    12月

    H25年

    3月

    H25年

    6月

    H25年

    9月

    H25年

    12月

    HMC株価 TOPIX

  • Hosokawa Micron Group

    一株当たり配当金と配当性向(連結)一株当たり配当金と配当性向(連結)一株当たり配当金と配当性向(連結)一株当たり配当金と配当性向(連結)

    2.02.02.02.0 2.02.02.02.0 2.52.52.52.54.04.04.04.0

    6.06.06.06.03.03.03.03.0

    4.54.54.54.5

    5.05.05.05.06.06.06.06.0

    3.03.03.03.0

    0.0

    2.0

    4.0

    6.0

    8.0

    10.0

    12.0

    14.0

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    配当金

    0.0%

    10.0%

    20.0%

    30.0%

    40.0%

    50.0%

    60.0%

    70.0%

    配当性向

    期末

    中間

    配当性向

    5円5円5円5円5円5円5円5円

    7円7円7円7円

    12円12円12円12円

    (円)

    9円9円9円9円

    平成平成平成平成26年度配当金は年間年度配当金は年間年度配当金は年間年度配当金は年間15円円円円/株を予定株を予定株を予定株を予定

    46