Hosokawa Micron Group 平成25年9月期中間決算 会社説明会平成25年9月期中間決算...

Click here to load reader

  • date post

    22-Jul-2020
  • Category

    Documents

  • view

    1
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of Hosokawa Micron Group 平成25年9月期中間決算 会社説明会平成25年9月期中間決算...

  • 平成25年9月期 中間決算

    会社説明会

    平成25年5月22日(水) 13:30~14:30

    Process Technologies for Tomorrow

    Hosokawa Micron Group

    http://www.hosokawamicron.co.jp/

    代表取締役社長 宮田 清巳

    (於:日本証券アナリスト協会)

  • Hosokawa Micron Group 1

    1.平成25年9月期 中間決算概要

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    決 算 総 括

    (単位:百万円)

    実績 売上比当初予想

    修正予想

    実績 売上比 金額 率

    売上高 17,926 19,500 20,500 21,527 +3,601 +20.1%

    営業利益 1,470 8.2% 1,600 1,800 1,766 8.2% +296 +20.1%

    経常利益 1,494 8.3% 1,600 1,800 1,836 8.5% +342 +22.9%

    当期純利益 995 5.6% 1,100 1,200 1,259 5.8% +264 +26.5%

    【為替レート】

    円/US$ 78.34 78.00 83.00 86.79円/EURO 104.15 100.00 108.00 113.64

    平成24年9月期中間期

    増減平成25年9月期中間期

    為替変動による影響

    売上高 約 15.6億円

    営業利益 約 1.2億円

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    セグメント別 売上高、営業利益(連結)【売上高】 (単位:百万円)

    実 績 前年比 実 績 前年比 実 績 前年比

    粉体関連事業 13,169 14,271 +8.4% 17,372 +21.7%プ ラ ス チ ッ ク薄 膜 関 連 事 業 1,819 2,706 +48.8% 3,091 +14.2%

    製 菓 関連事業 736 948 +28.8% 1,064 +12.2%

    合 計 15,726 17,926 +14.0% 21,527 +20.1%

    【営業利益】 (単位:百万円)

    実 績 前年比 実 績 前年比 実 績 前年比

    粉体関連事業 1,491 1,841 +23.5% 2,213 +20.2%プ ラ ス チ ッ ク薄 膜 関 連 事 業 ▲ 64 124 - 76 ▲38.7%

    製菓関連事業 ▲ 63 15 - ▲ 71 -

    調 整 額 ( ※ ) ▲ 467 ▲ 510 - ▲ 451 -

    合 計 896 1,470 +64.1% 1,766 +20.1%

    平成24年度中間期 平成25年度中間期平成23年度中間期

    平成24年度中間期 平成25年度中間期平成23年度中間期

    ※主に各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    生産拠点別業績(連結)

    (単位:百万円)

    前年比

    日本 売上高 6,298 6,558 +4.1%営業利益/率(%) 1,144 18.2% 928 14.2% ▲18.9%

    アメリカ 売上高 1,885 3,361 +78.3%営業利益/率(%) 60 3.2% 254 7.6% +323.3%

    欧州 売上高 10,563 13,155 +24.5%営業利益/率(%) 788 7.5% 1,063 8.1% +34.9%

    アジア・ 売上高 485 584 +20.4%その他 営業利益/率(%) 61 12.6% 96 16.4% +57.4%消去後 売上高 17,926 21,527 +20.1%合計 営業利益/率(%) 1,470 8.2% 1,766 8.2% +20.1%

    平成24年度 平成25年度

    中間期

    全地域で増収、米国は大幅な増収増益

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    納入地域別売上高(連結)

    (単位:百万円)

    平成24年度 平成25年度 前年比

    日本 売上高 5,412 5,498 +1.6%占有率 30.2% 25.5%

    アメリカ 売上高 2,384 3,986 +67.2%占有率 13.3% 18.5%

    欧州 売上高 6,073 6,760 +11.3%占有率 33.9% 31.4%

    アジア・ 売上高 4,056 5,281 +30.2%その他 占有率 22.6% 24.5%

    売上高 17,926 21,527 +20.1%占有率

    中間期

    合計

    アメリカ向けが大幅に増加、アジア・その他地域向けも漸増傾向が続く

  • 【資産】 (単位:百万円)平成24年度 平成25年度 増 減 内 容

    中間期 増 減

    流動資産 26,226 27,295 1,069・受取手形及び売掛金 ▲1,092 ← 前期売上分支払・棚卸資産 +1,135 ← 海外の好調受注、円安・現金及び預金 +885 ← 資金回収の進行

    固定資産 16,392 18,034 1,642

    有形固定資産 14,623 16,115 1,492

    無形固定資産 318 296 ▲ 22

    投資その他の資産 1,450 1,622 172

    資産合計 42,618 45,330 2,712

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 財務諸表①

    連結貸借対照表①(資産)

  • 【負債・純資産】 (単位:百万円)平成24年度 平成25年度 増 減 内 容

    中間期 増 減

    流動負債 14,287 13,646 ▲ 641 ・支払手形・買掛金 ▲1,092 ← 前期売上分の支払

    固定負債 7,625 7,632 7

    負債合計 21,913 21,279 ▲ 634

    株主資本合計 27,853 28,903 1,050

    その他包括利益累計額合計 ▲ 7,164 ▲ 4,879 2,285

    新株予約権 16 27 11

    純資産合計 20,705 24,051 3,346 ・為替換算調整勘定 +2,193 ← 円安の進行

    負債純資産合計 42,618 45,330 2,712

    自己資本比率 48.5% 53.0% 4.5%

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 財務諸表②

    連結貸借対照表②(負債、純資産)

  • (単位:百万円)

    平成24年度 平成25年度 増 減 内 容

    中間期 中間期 増 減

    6,308 6,075 ▲ 233

    営業活動によるキャッシュ・フロー

    1,584 1,510 ▲ 74 四半期税前利益の増加による

    投資活動によるキャッシュ・フロー

    ▲ 451 ▲ 912 ▲ 461 新東京事業所建設による支出

    財務活動によるキャッシュ・フロー

    ▲ 379 ▲ 354 25 長期借入金の約定返済と配当金支払

    274 652 378

    7,336 6,970 ▲ 366

    現金及び現金同等物の期首残高

    現金及び現金同等物の四半期末残高

    現金及び現金同等物に係る換算差額

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 財務諸表③

    連結キャッシュ・フロー

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    業 績 概 要

    売上高 営業利益 経常利益 税金等調整前 当期当期純利益 純利益

    (億円)

    為替(円安)による嵩上げ 約15

    215億円

    特別利益 0.5営業外収益 1.3

    営業外費用 0.6 特別損失 0.6 法人税、住民税及び事業税 5法人税等調整額   0.4少数株主利益 0

    売上原価 139

    販売費及び一般管理費 58

    12億円17億円 18億円 18億円

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    売上高、売上総利益率、営業利益率の推移(連結)

    10

    ※GPR、販管費比率、営業利益率は何れも通期ベース (但し、平成25年度は中間期ベース)

    157144

    180

    215179

    171204

    227 195168

    35.9%36.7%33.4%34.7%

    35.2%

    30.7% 31.0%29.1%

    26.9%26.3%

    8.2%9.6%7.6%

    2.3%4.0%

    0%

    5%

    10%

    15%

    20%

    25%

    30%

    35%

    40%

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度中間期

    GPR

    、販管費比率

    、営業利益率

    (%)

    0

    100

    200

    300

    400

    500

    600

    売上高

    (億円

    売上高(上半期) 売上高(下半期) 売上総利益率売上高販管費率 売上高営業利益率

    348315

    361406 410

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    受注高、売上高、受注残高の推移(連結)

    11

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    120

    140

    160

    180

    200

    1Qtr.

    2Qtr.

    3Qtr.

    4Qtr.

    1Qtr.

    2Qtr.

    3Qtr.

    4Qtr.

    1Qtr.

    2Qtr.

    3Qtr.

    4Qtr.

    1Qtr.

    2Qtr.

    3Qtr.

    4Qtr.

    1Qtr.

    2Qtr.

    3Qtr.

    4Qtr.

    1Qtr.

    2Qtr.

    3Qtr.

    4Qtr.

    1Qtr.

    2Qtr.

    平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    受注高/売上高

    (億円

    0

    50

    100

    150

    200

    250

    受注残高

    (億円

    受注残高 受注高 売上高

  • 受注残高の推移

    91 97122

    152 144

    15 16

    21

    3128

    6

    7

    13

    5

    5

    0

    50

    100

    150

    200

    250

    300

    350

    平成21年中間期

    平成22年中間期

    平成23年中間期

    平成24年中間期

    平成25年中間期

    製菓関連事業

    プラスチック関連事業

    粉体関連事業

    (億円)

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    受注高、受注残高の推移

    受注高の推移

    130 142173 176

    188

    2229

    2740

    32

    6

    917

    11

    12

    0

    50

    100

    150

    200

    250

    300

    350

    平成21年中間期

    平成22年中間期

    平成23年中間期

    平成24年中間期

    平成25年中間期

    製菓関連事業

    プラスチック関連事業

    粉体関連事業

    (億円)

    12

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 セグメント別業績①

    粉体関連事業

    0

    50

    100

    150

    200

    250

    300

    350

    受注 売上 受注 売上 受注 売上

    平成23年度 平成24年度 平成25年度

    受注・売上・受注残

    (億円

    下半期上半期上半期 受注残

    受注、売上、受注残事業別売上比率:80.7%

    13

    0

    10

    20

    30

    40

    50

    平成23年度 平成24年度 平成25年度

    営業利益

    (億円

    )10%

    12%

    14%

    営業利益率

    (%

    下半期 営業利益

    上半期 営業利益

    上半期 営業利益率

    営業利益、営業利益率

    ・化学、樹脂分野で大型受注

    ・高付加価値材料向け堅調

    ・鉱物系材料向け大型機に強み

    <気流乾燥機ドライマイスタH型>

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 セグメント別業績②

    プラスチック薄膜関連事業

    事業別売上比率:14.4%

    14

    <多層フィルムテスト設備>

    【用途例】食品用バリアフィルム、

    液晶用保護フィルム など

    0

    20

    40

    60

    受注 売上 受注 売上 受注 売上

    平成23年度 平成24年度 平成25年度

    受注・売上・受注残

    (億円

    下半期

    上半期

    受注残

    受注、売上、受注残

    -3

    -1

    1

    3

    5

    平成23年度 平成24年度 平成25年度

    営業利益

    (億円

    0%

    2%

    4%

    6%下半期 営業利益

    上半期 営業利益上半期営業利益率

    営業利益、営業利益率

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 セグメント別業績③

    製菓関連事業

    事業別売上比率:4.9%

    15

    <混練押出供給機>

    【用途例】チョコレートバー、クッキー、

    キャラメル など

    0

    10

    20

    30

    受注 売上 受注 売上 受注 売上

    平成23年度 平成24年度 平成25年度

    受注・売上・受注残

    (億円

    下半期

    上半期

    上半期受注残

    受注、売上、受注残

    -1.5

    -0.5

    0.5

    平成23年度 平成24年度 平成25年度

    営業利益

    (億円

    0%

    2%

    営業利益率

    (%

    下半期 営業利益

    上半期 営業利益

    上半期営業利益率

    営業利益、営業利益率

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 セグメント別業績④

    グループ業績の総括

    16

    <粉体関連事業>日本を除き、海外は良好な受注環境が続く。円安効果もあり、増収増益。

    <プラスチック薄膜関連事業>好調なスタートを切ったが、第2四半期に入り受注は減速傾向。ただし、期初受注残が多く増収、第1四半期の赤字から累計で黒字化。

    <製菓関連事業>大型案件の受注なく、厳しい受注環境が続く。一部原価超過案件により、増収ながら営業赤字。

  • 14% 16% 17%

    36% 37% 34%

    19% 18% 18%

    32% 28% 32% 34% 26%

    14% 19%

    31% 31%

    20%25%

    0%

    20%

    40%

    60%

    80%

    100%

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    アメリカ 欧州 アジア・その他 日本

    (通期) (通期) (通期) (通期) (中間期)

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    海外売上構成の推移

    17

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    海外売上構成 ~円高抵抗力~

    18

    ※概数を表記

    (注)(   )内は第三者向け売上高

    北米 日本

    アジア

    欧州

    中東

    中南米

    10.2億円(10.1億円)

    0.3億円

    20.5億円(5.1億円)

    5.3億円(5.3億円)

    4.3億円(4.2億円)

    5.5億円(5.5億円)

    1.1億円28.8億円(27.9億円)

  • 6%10%

    13%

    18%16%

    7%

    4%

    7%

    11%

    17%

    9%19%

    7%

    4%

    25%

    7%

    11%

    22%

    5%15%

    11%

    6%

    23%

    26%

    医薬

    食品

    化学

    トナー・IT関係

    プラスチック・ポリマー(樹脂)

    鉱業(ミネラル)

    リサイクル・環境

    その他

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 グループ業績の総括

    業種別受注構成比の動向(連結)

    19

    平成25年度中間期

    平成24年度

    平成23年度

    業種別受注

    (連結)

    化学、樹脂関連市場が好調

    鉱物類向け大型機で強み発揮

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 国内業績の総括

    売上高、売上総利益率、営業利益率の推移(単体)

    20

    ※GPR、販管費比率、営業利益率は何れも通期ベース(但し、平成25年度は中間期ベース)

    586344

    6563

    6375

    9262

    40.1%42.2%38.3%

    41.5%38.9%

    32.3%28.2%

    31.9%36.2%34.4%

    7.8%10.7%

    9.6%

    2.1%

    7.8%

    0%

    10%

    20%

    30%

    40%

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度中間期

    GPR

    、販管費比率

    、営業利益率

    (%)

    0

    50

    100

    150

    200

    売上高

    (億円

    売上高(上半期) 売上高(下半期) 売上総利益率売上高販管費率 売上高営業利益率

    107133124

    155

  • 3%

    27%

    3%

    7%8%

    52%

    6%

    10%

    13%

    27%

    10%

    10%

    10%

    9%3%

    25%

    1%

    32%

    11%

    14%

    12%

    医薬

    食品

    化学

    IT・エネルギー関連

    プラスチック・ポリマー(樹脂)

    鉱業(ミネラル)

    粉体塗料

    環境機器

    空調機器

    Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 国内業績の総括

    業種別受注構成比の動向(国内)

    21

    平成25年度中間期

    平成24年度

    平成23年度

    トナーの微粉化、省エネ加工用途大型機、

    ジェネリック医薬が好調

    業種別受注

    (国内)

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 決算

    有利子負債残高(連結)

    0

    20

    40

    60

    80

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度中間期

    短期借入金 1年以内償還予定社債 長期借入金 新株予約権付社債

    74.4億円

    39.3億円

    (億円)

    72.7億円

    34.3億円 37.3億円

    22

  • Hosokawa Micron Group

    平成25年度中間期 決算

    一株当たり配当金と配当性向(連結)

    2.0 2.0 2.54.0

    6.03.0

    4.5

    5.06.0

    3.0

    0.0

    2.0

    4.0

    6.0

    8.0

    10.0

    12.0

    14.0

    平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度

    配当金

    0.0%

    10.0%

    20.0%

    30.0%

    40.0%

    50.0%

    60.0%

    70.0%

    配当性向

    期末

    中間

    配当性向

    5円5円

    7円

    12円(予定)

    (円)

    9円

    今期配当金は年間12円/株を予定

    23

  • Hosokawa Micron Group 24

    2.今後の取り組みと展望/進捗

  • Hosokawa Micron Group

    ホソカワミクロングループは、 “粉体技術連峰”の形成により、常にグローバル・リーディングカンパニーであり続けます。プロセス機器、システムエンジニアリングおよび新素材の開発、製造、実用化などにより次世代先端産業を創出し、 “粉体技術連峰”の新たな展開を実現してまいります。

    経営ビジョン

    25

    コーポレートビション

  • Hosokawa Micron Group

    ホソカワミクロングループ “Mission Statement”

    経営ビジョン

    ホソカワミクロングループは、経済的かつ優れた技術をもって顧客の多様なニーズに的確に対応してその満足を得るとともに、倫理的指針に基づく活動を通じて、社会に貢献し、自然環境の保護に努め、次世代のための環境保全に取り組む。 また従業員の積極的なチャレンジを可能にする充実した職場作りを推進し、株主への適切な利益還元を行うことを使命とする。

    26

  • Hosokawa Micron Group

    第14次中期3ヵ年計画

    基 本 方 針

    27

    新興国市場の成長等に代表される事業環境の変化への柔軟かつ迅速な対応

    粉体技術連峰の発展と強化

    ◆ 商品力、開発力の強化

    ◆ 新興国市場でビジネス展開力の強化

    ◆ グループ企業間、機能間の業務提携強化

    ◆ 環境保護(CO2削減)ビジネスの取組み強化

    ◆ 人材育成の加速

    具体的強化策

  • Hosokawa Micron Group

    第14次中期3ヵ年計画

    成 長 戦 略

    28

    <基本方針>

    優れた技術、製品を創出し、応用分野・市場でより強固なポジションを確立することにより、さらなる成長を図る。

    ①新製品の開発

    ②新興国市場への取組強化

    ③重点市場向け戦略強化

    ④ナノマテリアルビジネスの拡大

  • Hosokawa Micron Group

    第14次中期3ヵ年計画

    収 益 力 向 上 戦 略

    29

    <基本方針>

    企業体質の強化による収益力向上の実現

    ①商品企画力、開発力の強化

    ②新製品の市場投入の加速

    ③アフターセールス活動の強化

    ④受託加工事業の強化

  • Hosokawa Micron Group

    第14次中期3ヵ年計画

    積 極 的 業 務 提 携 の 推 進

    30

    グローバル市場を視野に入れ、相互の得意/不得意分野

    において補完できる協業関係を構築する。

  • Hosokawa Micron Group

    第14次中期3ヵ年計画

    計 画 概 要 (連結)

    平成26年9月期 ⇒ 売上高営業利益率10%

    (単位:億円)

    平成23年9月期

    実績中期計画

    5/11修正予想

    10/26修正予想

    実績 前年比中期計画

    計画 前年比中期計画

    前年比

    売上高 361.71 390 395 406 406.98 12.5% 405 410 0.7% 420 2.4%

    営業利益 27.53 28 31 39 39.07 41.9% 35 40 2.4% 42 5.0%

    (売上高比) 7.6% 7.2% 7.8% 9.6% 9.6% 8.6% 9.8% 10.0%

    経常利益 26.91 27 31 38 38.65 43.5% 34 39 0.9% 41 5.1%

    (売上高比) 7.4% 6.9% 7.8% 9.4% 9.5% 8.4% 9.5% 9.8%

    当期純利益 16.52 18 21 22 22.08 33.6% 24 25 13.2% 28 12.0%

    (売上高比) 4.6% 4.6% 5.3% 5.4% 5.4% 5.9% 6.1% 6.7%

    【為替レート】

    US$ 81.15 80 80 80 78.87 80 78 80

    EURO 113.09 110 105 105 102.39 110 100 110

    平成26年9月期平成24年9月期 平成25年9月期

    31

  • Hosokawa Micron Group

    第14次中期3ヵ年計画

    施 策 (地域戦略)

    新興国市場でのビジネス展開力強化

    75

    93100

    106

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    120

    実績 実績 計画 計画

    H23年度 H24年度 H25年度 H26年度

    (億円)

    32

    ・ロシア、マレーシア子会社

    ⇒ 粉体(化学、鉱物類)、プラスチック薄膜、メンテナンス

    ・ヨルダン営業所(中近東・北アフリカ担当)

    ⇒ 粉体(医薬、食品)、製菓

    【新興国での売上計画】

    担当地域別売上高の推移

    0

    510

    15

    2025

    30

    35

    4045

    50

    H22年度 H23年度 H24年度 H25年度

    予想

    (億円)

    アジア(中国、韓国、インド除く)地域ロシア地域中東、北アフリカ地域中国中南米地域

    H25年度中間期 64億円

    次ターゲットは、南米!

    中国の増加

  • Hosokawa Micron Group

    施 策 (市場戦略①/収益力向上戦略)

    アフターセールス活動の強化

    ・特に日本からアジア地域への

    取り組みを強化

    ・即効性のある高収益事業に

    注力

    ⇒ 収益力向上に直結

    33

    粉体、プラスチック薄膜、製菓の全3事業で、

    機器販売が好調なアジア市場、経済成長著しい新興国向けを強化

    0

    20

    40

    60

    80

    100

    H22年度通期

    H23年度通期

    H24年度通期

    H25年度中間期

    (億円)

    【売上推移】

    第14次中期3ヵ年計画

  • Hosokawa Micron Group

    施 策 (市場戦略②/収益力向上戦略)

    受託加工事業の強化

    34

    ・ドイツ受託加工工場 改築・設備増強(低温粉砕装置、大型ジェットミルの増設)

    ⇒ 高付加価値原料の加工:欧州で食品加工の需要増

    ⇒ 顧客原料の保管倉庫としても活用 ⇒ 顧客満足の向上

    ・受託加工設備を集約

    ⇒ 効率化、収益性向上

    0

    5

    10

    15

    20

    H22年度通期

    H23年度通期

    H24年度通期

    H25年度中間期

    (億円)

    日本 欧州 米国

    【売上推移】

    第14次中期3ヵ年計画

    生産性と顧客満足の向上

    ⇒ 収益力向上

  • <粉体>

    ・気流乾燥機「ドライマイスタH型」(高温仕様)

    ⇒ 処理能力70%向上、40%省エネ、コンパクト、付着性原料に強い

    ・湿式ふるい「ヴィブレット」の世界販売

    ⇒ 粉体特性測定装置「パウダテスタ」と共に粉体評価の世界標準を狙う

    <プラスチック薄膜>

    ・幅広5層フィルム、新原料を用いた高付加価値液晶保護フィルム

    <製菓>

    ・サニタリー仕様装置、顧客R&D用装置

    Hosokawa Micron Group

    施 策 (製品戦略)

    新製品の市場投入・新用途開発を加速

    35

    目標=売上高新製品比率 30%

    第14次中期3ヵ年計画

  • Hosokawa Micron Group

    グローバルに展開する研究開発

    研究開発 3拠点(日、独、蘭)

    テストセンター 8拠点(日、独、蘭、英、米)

    【市場】 医薬 トナー・電子材料食品 化学 鉱物

    ナノ粒子合成/プロセッシング

    粉砕/分級

    粒子設計/粒子複合化/混合/表面改質

    乾燥/造粒 測定機/コンテインメント その他

    【テーマ】

    樹脂 リサイクル・環境

    グローバル研究開発体制

    新製品の上市

    36

    顧客に密接した市場ニーズ

    の吸い上げ

    第14次中期3ヵ年計画

    グローバルな研究開発の協業(Collaboration)体制 = “強み”

    国際R&D会議を開催(於:日本) H25年5月15日(水)、16日(金)

  • Hosokawa Micron Group

    施 策 (事業拡大)

    <新東京事業所> 5月8日竣工

    関東の板橋事業所、柏事業所、つくばテストセンターを統合

    営業、技術、メンテナンス、テストセンターの集約で業務効率向上

    総額14.6億円

    ※H25年7月からテストセンター稼働予定

    ★最新粉体技術の集約・発信拠点

    <ドイツ子会社工場設備増強>

    アルピネ社工場第3期工事(総額11億円、H25年12月完成予定)

    大型機の生産能力向上

    ★規模の拡大と内製化を進め、売上拡大、利益率向上を図る

    37

    第14次中期3ヵ年計画

  • Hosokawa Micron Group

    2.テストセンターでの実証・知見 (原料、製品別の膨大なデータベース)

    テスト件数=年間約3,500件(国内1,200件+海外2,300件)

    1.90年超にわたる粉体一筋の経験・ノウハウと最先端技術に裏付けられた製品、システム、エンジニアリング

    粉体技術連峰=約300機種の製品とそれらを結ぶエンジニアリング

    3.研究開発型企業 (特許:国内339件、海外177件、国内実用新案:116件)(2012年10月1日現在)

    ホソカワミクロングループの信頼の源は?

    38

    4.強固な産学連携 (1991年 ホソカワ粉体工学振興財団設立)

    5.各種シンポジウム、講演討論会を毎年開催 (1960年代から40年以上)

    専門学術誌「粉砕」(1957年~)、英文専門学術誌「粉 KONA」(1983年~)

    永年の経験(ノウハウ)と卓越した最先端の技術を持つ「ホソカワミクロン」は、絶えず進歩を続ける社会に “必要不可欠な存在”

  • ブランド力

    Hosokawa Micron Group

    ★ 一品一様の生産(受注生産、少量多機種)

    高い生産技術を有する日本、ドイツなどで製造

    ★ 高付加価値分野向け機器に強み(長年の経験・ノウハウが支える)

    簡単にコピーできない

    39

    日本の製造業の「ものづくり」が世界を元気にする!

    信 頼 性

    技術・ノウハウの集結 ⇒ 高品質・独自性

    顧客のニーズにいち早く応える

    技術課題に挑戦し続ける

  • Hosokawa Micron Group 40

    ホソカワミクロンの将来像

    グローバル企業として

    最先端の粉体技術の創造を通じて

    社会に貢献する

    ☆新興国市場拡大に向けた経営資源の投入

    ☆技術開発、国際化、人材育成

    粉体業界で断トツの信頼性(ブランド力)を磨く